在籍確認でのルール違反

キャッシング利用をしようと、これから申込みを検討している方もいると思います。「すぐにでも、お金が欲しいから、キャッシング利用をしたい」と考えている方もいるでしょう。

 

キャッシング申込みの際には、安定した収入というのが条件となっており、申込時には勤務先を記入することになります。「本当は、仕事はしていないけれど、どうしてもキャッシング利用をしたいから、嘘の申告をしよう」と思っている方もいるはず。ばれないと思って甘い考えをしていませんか。

 

では、在籍確認のルール違反について、ご紹介しましょう。在籍確認では、必ず記載されている勤務先へ連絡が入ることになります。

 

当然、その時あなたが在籍していないことが分かれば、審査に受かることはありませんし、それらの嘘の申告は他の金融機関などにも情報が流れ、利用出来なくなる可能性もあるでしょう。

 

中には、「友達が働いている職場だから、働いていることにしてもらおう」と考えている方もいると思いますが、こういった行為も後々ばれてしまえば、カード利用が出来なくなってしまうこともあります。

 

キャッシングを利用するということは、信用出来ると判断された人にのみ、行われているサービスとなりますから、ルール違反を犯してしまった時には、今後の自分の人生に何らかの負担となることもありますから、そういったリスクも理解しておきましょう。

 

このように、在籍確認を行う際には正直な申告が基本となります。

関連ページ

在籍確認の方法
キャッシング申し込み時の在籍確認の方法について。
返済が遅れた
返済が遅れた場合はどうなるのか?
在籍確認時の希望
在籍確認の連絡は、自分の希望時間を伝えるのがいいですよ。
在籍確認をしてほしくない・できない
在籍確認をしてほしくない・できなかった場合の対処法
在籍確認は最終審査
在籍確認が終わってからの流れ。
派遣社員の在籍確認
派遣社員の方は在籍確認はどうなるのか?
在籍確認の必要性
在籍確認の必要性について。
在籍確認なしのキャッシング
WEB完結申し込みで、在籍確認なしのキャッシングを利用する方法。
在籍確認は就職にマイナス?
キャッシング利用で在籍確認があると、就職にマイナスになるのか??