在籍確認は就職にマイナス?

キャッシング利用を検討している方の中には、学生の方もいると思います。「毎月、仕送りはしてもらっているけれど、それでは足りないからキャッシングを利用したい」と考えている方もいるでしょう。

 

しかし、これから就職を控えている方にとっては、「在籍確認などが入ると、不利になるのだろうか?」と心配になっている方もいると思います。

 

では、在籍確認が就職に影響するのか、ご紹介しましょう。まず、キャッシングを利用したという記録は、個人信用情報機関により残ることになります。これらの情報は、一般の人は見ることが出来ませんから、知られることはないでしょう。

 

しかし、中には金融機関への就職、消費者金融への就職をする方もいると思います。こういった方は、各金融機関で個人信用情報機関の内容を見ることが出来ますから、就職先でもあなたの今までの記録がみられることになります。

 

もちろん、これらの内容で就職の際に落とされるなどということはないと思いますが、就職後にこれらの内容を知られ、肩身の狭い思いをすることはあるかもしれませんね。金融機関以外への就職の方であれば、就職に影響することはないでしょう。

 

このように、在籍確認や今までキャッシングを利用したという記録は、就職先によって影響が異なってきます。将来的に、金融機関への就職を希望する方は、利用の際に慎重に利用することが必要となるでしょう。返済などが滞ってしまえば、就職にも影響する可能性があります。

関連ページ

在籍確認の方法
キャッシング申し込み時の在籍確認の方法について。
返済が遅れた
返済が遅れた場合はどうなるのか?
在籍確認のルール違反
在籍確認でルール違反をしてしまった場合。
在籍確認時の希望
在籍確認の連絡は、自分の希望時間を伝えるのがいいですよ。
在籍確認をしてほしくない・できない
在籍確認をしてほしくない・できなかった場合の対処法
在籍確認は最終審査
在籍確認が終わってからの流れ。
派遣社員の在籍確認
派遣社員の方は在籍確認はどうなるのか?
在籍確認の必要性
在籍確認の必要性について。
在籍確認なしのキャッシング
WEB完結申し込みで、在籍確認なしのキャッシングを利用する方法。