在籍確認でNGとなるケース

周りの友達と、在籍確認について話す機会などはないと思います。そのため、在籍確認がどういったものなのか、どういった時にNGとなってしまうかなど、具体的な話を聞いたことがない方も多いと思います。「自分は、在籍確認でしっかりとOKが出るだろうか?」と不安に感じている方もいるでしょう。

 

では、どういった場合、在籍確認によりNGとなってしまうのか、様々なケースをご紹介しましょう。在籍確認を行う際には、申込時に伝えている勤務先の電話番号へと電話をかけることになりますが、万が一業者が勤務先に何度電話をしても、誰も電話に出なかった場合には、NGとなってしまうことがあります。

 

「うちの会社は、少人数だから忙しい時には電話に出られないこともある」という方などは、事前にこういった内容を伝えておいた方が良いでしょう。また、万が一会社が電話代を支払っておらず、電話が止められている場合にも、NGとなってしまいます。

 

中には、小さな会社のため、電話を転送している場合もあると思いますが、こういった転送機能なども利用していると、NGになるケースがあります。どういった理由で、転送しているのかを知っている方は、事前に伝えておきましょう。

 

その他、電話に出た方が「しばらく、休んでいます」といった対応や「そういった方は、うちの社員にはいません」といった対応の場合にもNGとなってしまいます。

 

このように、在籍確認時には様々なケースによりNGとなることもあります。

関連ページ

NGになる場合
在籍確認でNGとなる時はどのような時か。
在籍確認時の注意点
在籍確認時の注意点について。