在籍確認時の注意点

在籍確認について、「どんなことをするんだろう?」と不安になっている方も多いと思います。在籍確認は、それほど難しいものではありませんが、注意点もあります。事前に、こういった注意点も理解しておくと、安心して受けることが出来るでしょう。

 

では、在籍確認時の注意点について、ご紹介しましょう。まず、在籍確認ではどういった項目をチェックしているかというと、電話をかけることで契約書に書かれている勤務先に、本当に勤務しているかどうかを確認することになります。

 

そして、本人が対応出来る場合には、契約書に書かれている内容などを、再度確認していくことになります。固定電話をお持ちかどうか、その電話はどなたの名義になっているかなどを確認していきます。

 

また、記載されている住所や名前、生年月日などについても、電話で確認されます。利用する業者によって、内容によっては、運転免許証の取得番号などが必要となることもありますし、健康保険証の取得年月日などを確認されることもあります。

 

これらの内容は、全て本人かどうかを確認するための項目となりますから、事前に運転免許証なども準備しておくと良いかもしれませんね。固定電話の電話番号については、104での案内などを行っているかどうかも問われることになります。

 

万が一、104での案内を行っていない方の場合には、固定回線の確認が取れないことになりますので、注意しましょう。このように、在籍確認の際にはいくつか注意点もありますので、頭に入れておきましょう。

関連ページ

NGになる場合
在籍確認でNGとなる時はどのような時か。
電話に出ない
在籍確認で誰も電話に出なければどうなるのか。